出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動検索に移動
手当て療法(てあてりょうほう)。手当ては世界各地で見られる療法で、手のひらや指先を患部などに当てたりかざしたりするだけで身体の不調を治そうとする方法である[要出典]。触手療法(しょくしゅりょうほう)、手のひら療法(てのひらりょうほう)、手かざし、ハンド・ヒーリング、ヒーリング・タッチとも呼ばれる[1]。宗教的行為として[2]、また難病や終末医療における緩和ケアとして行われることもある[3]。

国や地方、創始者により各種の方法があり、直接に患部に手のひらや指を触れて行う方法(接触型、手当て)と、身体から少し離して手のひらや指先を当てる方法(非接触型、手かざし)がある[4]。

手当て療法により、祈祷性精神病を発症するケースが報告されている[5]。

おすすめの記事