日本の新宗教団体の一部では、人の体の患部に手をかざし、その手から発せられる霊的な力により、心身に癒やしや浄化を与えると称する宗教行為が行われている。これを教団内では手かざしや浄霊と称している。世界救世教による手かざしは創始者・岡田茂吉が昭和時代前半に開発し(世界救世教では、浄霊と呼んでいる)、その流れをくむ真光系諸教団や神慈秀明会といった新宗教団体が布教の手段として用いている。宗教学者の立川武蔵は、岡田の浄霊(手かざしは)は、明治時代に日本に輸入された西洋のメスメリズムと日本の伝統的な技法との混合で生み出されたものであると指摘しており、オウム真理教のシャクティパットも岡田茂吉のものと基本原理は同じであると述べている[2]。

世界救世教による手かざしの源流は、大本教の出口王仁三郎の杓子を用いた治療法にあり、岡田茂吉がそれを独自に発展させて扇子を用いる方法を編み出し、その後、手だけをかざす方法になったと言われる[18]。

関連事例
ハンドパワーで病気を治すなどと謳いセミナーを行ってきた「アースハート」社(代表・野中邦子)に対して、損害賠償を求める訴訟が起こされ[23]、2014年3月28日に、同社に賠償を命じる判決が下った[24]。

おすすめの記事